育毛剤や発毛剤を探すなら|ランキングを上手に活用

薄毛を改善する薬がある

女医

病院で処方されるAGA治療薬のプロペシアは、アメリカのメルク社によって開発された医薬品です。AGA治療薬は男性ホルモンの影響を抑制する作用のあるものですので、女性の薄毛には改善効果はありません。従って、女性が薄毛を発症していたとしても、男性用のAGA治療薬を服用することはできません。妊娠している女性の場合には、プロペシアを触ることも認められておらず、母親の体内で男性ホルモンの合成量が減少する可能性があるので注意が必要です。ホルモンバランスが乱れた状態のままで、胎児が成長してしまう可能性があります。AGA治療薬を継続的に服用することで、男性ホルモンが減少して勃起不全などの症状が現れる場合もあるので、気を付けながら飲むことが大切です。

AGA治療を受ける病院を選ぶときには、単純に治療薬の処方をしてくれるだけではなく、付加価値のあるサービスが提供されているか調べておくことがおすすめです。病院によっては、ビタミン剤やオリジナルの育毛カクテルなどを製造して提供しているところがあります。薬の処方以外には、血圧検査や頭部の撮影、マイクロスコープなどを使って検査をしているクリニックが選んだほうが良いです。様々な専門的な医療機器が設置されていることで、薄毛の原因を突き止めてAGAの症状を改善できる治療を行ってくれます。男性ホルモンの影響を受けやすい体質かどうかや、ミネラルバランスを調べることで薄毛対策のアドバイスを受けることができます。一般病院で治療を行うことよりも、AGA治療を専門的に行っている病院のほうが様々なメリットがあります。